高値

2018年07月24日

7月25日上場のGAテクノロジーズ(3491)と直近IPOの私見について。銘柄が強ければ地合いは関係ない?



まずは明日上場のGAテクノロジーズ(3491)からお話していこうと思います。



チェックポイントとしては
  • 設立が2013年
  • 公募60万株のみ
  • マザーズ上場
  • 不動産事業だがAI/RPA活用
  • 資金吸収額12.8億
  • 時価総額90.6億
  • SO 14万株(行使期間入り)
  • VC 10.6万株(ロックアップなし)

ひとまずこんなところでしょうか。
これらを下記においてもう少し詳しく説明していきます。



はじめに、設立年度についてですが2013年ということでいまは2018年…




めっちゃはやい(;゚Д゚)



とても勢いがあるということで市場から好感される要素の一つとなるかと!




次に、公募株数についてですが、60万株と多少多めではあるものの、




売り出し株なし!!


特にOA(オーバーアロットメント)といって、需給の調整で微量の売り圧になる可能性を秘めているものも無い為、これも好感はされそうですね。




それから、マザーズ上場!
これは単純に東1、東2及び地方ではなく新興市場への上場ということで人気が集まりやすい要素となります。



続いて、業種は不動産事業ということですが、これだけを見るとそんなに魅力的な感じはしないですが、AI/RPA活用というところが好感されるかもしれないですね。




ちなみに…


AI(artificial intelligence)とは、人工知能によって情報を認識及び分析し、それを処理するものであります。


RPA(Robotic Process Automation)とは、こちらも人工知能のとこまでは一緒だが、単純作業を繰り返し行うようプログラムするという点で上記とは異なります。



特段、RPAについては人手不足且つ人件費の削減が1つの改善テーマとなっている現代社会において、イノベーションを起こしうる技術であるため、長期的にみても期待できそうな分野ではあります。





そして、資金吸収額時価総額においてはどちらも割と小規模なものであることから、初値自体もそれなりに跳ねやすいのではないかと考えられます。



最後に、SOVCについてではありますが、24.6万株については特別ロックアップがかかっているわけではないので将来的な売り圧ということで懸念すべき事項であります。



ただ、保有者も株価の高騰を期待して全部が全部そうではないにしろ、すぐすぐ売り急ぐものでもないのかなという気はしています。



あと、ここまで読んでいただいた方に追記(←いま思い出しただけ?w)ということで中間決算の数字も見ておくことを推奨します。



特筆すべきは、2016年度からの凄まじいほどの数字の伸び方ではありますが、2018年の単独予想において中間決算を照らし合わせると、営業利益及び経常利益が届くのかなあと若干の危惧があります。



以上、ここまでがGAテクノロジーズ(3491)の私見となります。




ここまででけっこう本日の余力を使ってしまった感は否めないですが…笑

続きましてー直近のIPOいきまーす!




個人的に注目しているのは、ロジザード(4391)ですかね( *`ω´)


3Q決算の数字も良く、本決算への期待上げ+8月の空白期に向けてPFに入れておきたい銘柄


ということで要注目ですね!



それから、マネジメントソリューションズ(7033)やバンクオブイノベーション(4393)は両方とも初日に初値がついたこともあり、監視はするがおそらく様子見モードでいくと思います。



おまけとして、いまのとこ下げ続けてはいますがHEROZ(4382)も下落率の大きさから、そろそろ何かあるんじゃね?と気になるところですね♪



と、本日はここまでにさせていただこうと思います。



ブログを始めて数日、やっと投資家らしい記事になってきた?気がしないでもないです(´⊙ω⊙`)



また更新がんばりますので、どうぞお立ち寄りくださいませ。


それでは失礼致します(。・ω・。)


y104272b at 22:45|PermalinkComments(0)

成長因子発毛効果