資産運用

2018年08月16日

お金がなくても幸せになれる⁉︎ たしかにお金だけが幸せの要件ではないが、人生の8割はお金だと言える

IMG_4246


「資本主義社会なのだから、お金こそが正義である」


と言っても過言ではない。




よく、お金がなくても幸せにはなれるというが、お金がなくても幸せになれる人であるなら、お金があればもっと幸せになるはずだろうという疑問を抱く。




基本的には、資本主義社会はお金で成り立っている。



生活するにも、娯楽に興じるにも、子供を育てるにも全てお金が必要なのだ!




たしかに、その中でお金ではない部分があるとすれば、愛情や思い出などいろいろ挙げることはできるがその前提としてやはりお金が必要だ。





そのお金を稼ぐために仕事をしている人が大半であろうかとは思うが、実際にお金のためだけに働いているかと問うたら違うと答えるひとも身の回りにはあんがいるものだ。





しかし、もし給料が生活ギリギリの範囲でしか支給されない、もしくは生活の保証はしてやる代わりに給料は出さないという場合だとするとどれだけの人がいまの仕事を続けるだろうか?





金のためだけに働いているのだとしたら上記のような状況であれば、間違いなく仕事を辞めるという選択をするだろう。





現職においては、私よりも高齢な方が圧倒的に多い現状において、いろいろ話をしてはみるが、基本的に保守的で年齢を理由に職を転じたり、資産運用をしたりということには至らない人が大半を占める。





資本主義なのになぜか金を得ようと努力する人が少ない!




これについては、正直理解が出来ない部分が多い。




特に、なぜか労働を対価として得た給与によって宝くじを買う人は多く、資産運用に回す人は少ない。






宝くじを買う人には理由を聞いてみるが、「夢を買うから別にええんじゃ」と答える人が多い。





期待値でいえば、宝くじは買値の半値しかないため、買った分だけその半分の金額を損失する計算になる。






つまり、労働で得た金を無駄に使うために労働するという無限ループ!!





貧民は貧民であるが故に貧民であるということがよくわかりますね!





私も未だ、富豪にはなれておりませんが必ずや…ッ!



では本日はこれにて(´⊙ω⊙`)




y104272b at 23:11|PermalinkComments(0)

成長因子発毛効果