損切り

2018年08月22日

メルカリで仕入れた本で勉強の日々… 士別れて三日なれば、即ち更に刮目して相待すべし。


D482106E-9C3A-48FA-B358-30A5BA6511D3

名前よはね→なぎ


感情なく機械的に(波が立たない凪のような気持ちで)トレードしようという意識から変更(*・ω・)ノ



そして本題へ。




タイトルにある故事成語は、三國志の呂蒙の逸話で、もともと学識の無かった呂蒙が孫権に勧められて本を読み、その成長ぶりに魯粛が驚いて言ったものです。





努力は私にもできる…!





あまり言えた話ではないですが、もともと特別目立った努力をせず、なんとなく上手いことすり抜けて今に至ります。







特に、小中学のときにある程度出来が良かった(はず!)ために、努力しなくてもそれなりに出来る事が慢心を生みました。





むしろ、お恥ずかしながら努力をしなくても出来るということがとてもすごい事なんだと思っていました。










ただ…









相場は違うッ…!!








努力をせずに、根拠なく成功したものは全てまぐれであり始めの方で失敗したことはむしろ運が良かったのだと思います。









特に、相場全体が好調だったり、たまたま上がる株を連続して買うと天賦の才感が出るかもしれないですが、状況がどうであれ安定した成績を残せる事こそが強者の証。






麻雀もパチスロも一緒ですね!笑








ここで、上の画像についてですがこれは◯クリートという直近IPOのチャートです。







1401円という現在地からすれば高値で掴んだ位置から400株まで増やして平均1325円に。





また、今日は信用枠にて優待上げ狙いの◯ロワイドと◯トムを打診で100株ずつ買い、◯カラレーベンのREITを買い増し。



その分で委託保証金が増えることもあったので◯クリートは1300円付近まで上げたところで指値で100株損切り。








始めの頃に比べると損切りも落ち着いて機械的にできるようになってきた気はしています。





◯クリートはVCがそれなりに多く、決算も下期偏重のために、新規性のある事業ではあるものの値上がりも限定的であったため、IPO空白期の物色期待で保有。






◯ロワイドは優待が強く、決算も良かったために窓開けからの調整で下げたのかなということで打診買い。




買い残少なく、売り残も多くたまっており戻り買い+優待買いの上げ希望。



窓埋めするなら追加して、権利付最終日までには売り。



◯トムも上に同じ。






◯カラレーベンはREIT指数への組み入れで月末にかけて上げてくるかなということで手持ちの資金からしてそれなりの量を買い付けて月末付近のどこかで投げ予定。








あと、ウェルズファーゴがTの投資判断を引き下げたみたいですが、建値も現在地も中央地より下で値動きもそんなに激しくない為ホールドしておきます。











現状はだいたいこんな感じです(。・ω・。)




次回書く時までにまた成長を。



ではこれにて(๑˃̵ᴗ˂̵)




y104272b at 23:31|PermalinkComments(0)

2018年08月11日

正しい利益と間違った利益!失敗を重ねるだけで上手くなると思っている方はグラブジャムンより甘い

IMG_4262

どうもよはねと申します。



グラブジャムンってなに?


と思ったそこのあなた。




これは世界一甘いといわれるインドのお菓子で、小麦粉と砂糖とミルk



--------------------割愛--------------------




言いたいのはこれじゃないんです!泣





本題は、利益にも種類があり、
失敗にも種類があるということです(*・ω・)ノ





じゃあ、その違いってなんなの( ´Д`)y━・~~




それは、価値あるものかどうかということです(`・ω・´)




「失敗をすれば上手くなる」





ありがちなフレーズではありますが、これじゃあ言葉足らずなんです!




本来は…





「失敗をして、その原因を分析し、どうすれば上手くいくかを考え、それを元に次の取り組みをする事を繰り返すから上手くなる」




↑実際こうじゃないですか?






ただ、単純に失敗するだけで上手くなるなんて勘違いお花畑もイイトコじゃないですか?





特に、投資を例とするなら、よくツイッターとかで「この銘柄は絶対上がる」とか「いま買わなきゃいつ買うんだ!」的な内容のものがありますが…




その銘柄を例えばツイートを信頼して買ったからといって、どこで売るんでしょうか。




上がる根拠は?その位置で買った理由は?思惑と違えばどのタイミングで損切りするの?




もし、この方法で株価が下がって損失を確定させた時にあなたは何を得ることができるでしょうか?






思考分岐としては、ツイッター銘柄は危険だ!、乗っかった人を間違えた、何も得られなかった、、、




と、こんなところでしょうか。






まだ、



ツイッター銘柄は危険だ!→自分で考えて選ぼう!




となれば進歩がありますが、他のルートへ進むと時間の無駄感がすごいです…





つまり、いろいろな方法を試すことは悪いことではないのですが、失敗をした際に何を得て、どうすれば成功していたかのルートを探ることが大事ですね(๑˃̵ᴗ˂̵)







それから、利益の種類については





勝ちゃあなんでもええんじゃけえ(´Д` )



ということではなく、



ロジカルな勝ちを目指しましょうねということが言いたいわけであります。





偶々人の銘柄に乗っかり、偶々多めに買い、偶々株価が超上がって爆益(≧∀≦)





みたいなパターン…







「偶々」おおくね!?






ロジカルと呼ぶには程遠いですね!





ちなみに、ロジカルというのは論理的、論理に適っているさまという意味で用いております。








理由こそ命!




とくに、理由なくても保有銘柄が爆上げしたら「私って天才かも?」ってなりません?











若干大げさには言いましたが、なんで上げてるのかわからないほど怖いことはないですね。





乗っかり→爆上げ→有頂天→爆損→退場






目に見えているƪ(˘⌣˘)ʃ





こうならないためにも理由をはっきりさせなきゃですね!!



理由が強ければ強いほど、多ければ多いほど勝ちは色濃くなります。






最近は決算相場で、決算数字がよくても上がらずとか相場が軟調とかいろいろ難しい部分もあるかと思いますが、焦らず理由を持ってがんばりましょ〜(๑>◡<๑)




それでは本日はこれにて(´⊙ω⊙`)









y104272b at 06:21|PermalinkComments(0)

2018年07月20日

損をした具体例


どうもよはねと申します。


今回は前回の記事に引き続いて、タイトルの通り損した内容について少し詳しく綴っていこうと思います。


うむ。あり過ぎて何から書いていいかわからないのと覚えてる範囲なので全て網羅できるかどうか…


心配事は尽きないですが、そうこうしてても始まらないので思い付いた順で書いていきます。。。


買いやすそうな低位株


手始めとして私の場合は30万円くらいからスタートしたわけではありますが、日本株においては最低単元が100株or1000株ということで少資金であれば良く耳にする有名企業はおろか1000円を越えてくると買えても僅か…

たとえ持ったとしても「全然動かんけえ面白くないぢゃん!」ということになりかねないこともあり、やはり手を出しやすいのは低位株!

私がちょうど始めたころに買っていたのが(なんとなく選んだだけですがw)、JXTGやピクセラや川本産業

たしか某有名サイトで低位株と検索し出てきたものの中から気の赴くままに選んだ気がします(;゚Д゚)


そして…
はっきり内容は記憶してないですが、ピクセラで何かしらIRが出てs高に!

含み益もすごいことに!(←たぶん7万くらい


ただ…


いつ売ればいいの!!


人間とは欲深いものでどこまでも上がると思っちゃうもんなんですねえ☆

そうこうしているうちに含み益が7万→5万へ


売ろうと思ったけど全然売れない!!
値段は変わってるのになんで!!


↑いろいろルールわかってないポンコツですみませんm(._.)m


ようやく寄って結局+3万くらいで利確

わけもわからず、利益を得てしまって
それもそのはず、その後はガタガタ…


適当な低位株に飛びついては動かないからヤメ!を繰り返し手数料だけが嵩んでいく日々(´;ω;`)


急なIR一本釣りとか無理ゲーじゃない?ということで方針転換!!!



ランキングから売買代金上位狙い



今度は打って変わって頻繁に売買されているならその分価格も動くんじゃね!?


という思いからマーケットスピードのランキングで上位の手を出しやすい値段の株へ!!!



まあ単純に考えれば、既に何かしら材料が出て注目されているわけだからJC(ジャンピングキャッチ)したところで勝てるわけないんですけどねッッッ!!!


ということで早々に心が折れかけて多少の空白期間がありましたが、勇気を出して再度参戦!


ツイッターいなご作戦


たしかに読んだ本の中にも、フォロワーが多い人に乗っかって利益を得る方法が書いてあったこともあり、どの人に乗っかるかの選定へ


そしてタイミングの良いことに当時は少額の元手からどの程度期間内に増やせるかを競い合うというイベントがあり…

その中で「1番勝率の良い人に乗っかれば勝てる簡単なゲームやんけ(๑>◡<๑)」

という超絶お花畑思考でしかも、、、

ちょうどされてた方も信用取引全ツッパをしており且つ私も信用取引の審査に通ったばかりで。。。


怖いもの知らずの信用全力乗っかり!!


からの決算跨ぎッ!!


いや〜ほんと知らないと怖い世界ですね((((;゚Д゚)))))))


決算内容は周囲の期待とは裏腹にそんなサプライズもなく


その後狼狽売りの嵐(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

いままでは多少下げても上昇トレンドに乗っていたため待っていれば上げていましたが、トレンド転換をしたこともわからず且つ狼狽売りの知識もない為に


もはやお祈り投資法!


この時は史上最大の被害を受けて、またしても心が折れそうに!
むしろ、バキッって音がしたような…


ツイッター作戦その2


今度は前回の経験とある程度チャートの本も読んだこともあり、「早めに入って多少ビビって早めの利確をすればいいじゃない☆」ということで有名アカウントのツイートを見ながら初動を探ることに…!

ただ、こういう仕手系は上がりも速ければ下がりも速く、しかも基準が全然わかんにゃい(´⊙ω⊙`)


ということで仮想通貨のブームが終わりかけると同時に撤退


情勢+業績+信用残狙い


ここまでくるとある程度他人任せに懲りていろいろと調べるように、、、


この時は民泊関連の人気から
  • 自分が手を出しやすい価格
  • 業績好調
  • 買い残が多過ぎず売り残もそれなりに貯まっている
  • 下降トレンドでない
  • 各証券会社のレーティングも良い

さすがに多角的にみれば勝てるっしょという考えから多少強気に出てはみたがこれも甘く、株価は突如急落

民泊の進捗率が冴えなかった為


そしてまた心が折れそうに…
豆腐メンタルでごめんなさい_(:3」z)_



そしてまた勉強と思考の日々へ



ここでようやく出会ったのがIPOセカンダリーと米国株

これらについては未だ実践中のところではありますが、進捗率は良し!

理論も良し!


あとは複数回に渡って結果を出すだけ!


このように今に辿り着くまでにいろいろあったわけではありますが、退場せずになんとかメンタルを維持しております(>人<;)


負けられない理由があるのもそうですが、投げ出さなければ必ず結果はついてくると信じているから!


この記事を読んで下さった初心者のかたも同じ道を辿らないように、自分と照らし合わせて考えていただけたらと思います。


次回は何を書こうかまだ決めてはないですが、初心者の方が読んでも理解と共感が出来るような記事を今後書けていけたらと思ってますので、これからもよろしくお願い致します!




y104272b at 20:49|PermalinkComments(0)

成長因子発毛効果