優待

2018年08月22日

メルカリで仕入れた本で勉強の日々… 士別れて三日なれば、即ち更に刮目して相待すべし。


D482106E-9C3A-48FA-B358-30A5BA6511D3

名前よはね→なぎ


感情なく機械的に(波が立たない凪のような気持ちで)トレードしようという意識から変更(*・ω・)ノ



そして本題へ。




タイトルにある故事成語は、三國志の呂蒙の逸話で、もともと学識の無かった呂蒙が孫権に勧められて本を読み、その成長ぶりに魯粛が驚いて言ったものです。





努力は私にもできる…!





あまり言えた話ではないですが、もともと特別目立った努力をせず、なんとなく上手いことすり抜けて今に至ります。







特に、小中学のときにある程度出来が良かった(はず!)ために、努力しなくてもそれなりに出来る事が慢心を生みました。





むしろ、お恥ずかしながら努力をしなくても出来るということがとてもすごい事なんだと思っていました。










ただ…









相場は違うッ…!!








努力をせずに、根拠なく成功したものは全てまぐれであり始めの方で失敗したことはむしろ運が良かったのだと思います。









特に、相場全体が好調だったり、たまたま上がる株を連続して買うと天賦の才感が出るかもしれないですが、状況がどうであれ安定した成績を残せる事こそが強者の証。






麻雀もパチスロも一緒ですね!笑








ここで、上の画像についてですがこれは◯クリートという直近IPOのチャートです。







1401円という現在地からすれば高値で掴んだ位置から400株まで増やして平均1325円に。





また、今日は信用枠にて優待上げ狙いの◯ロワイドと◯トムを打診で100株ずつ買い、◯カラレーベンのREITを買い増し。



その分で委託保証金が増えることもあったので◯クリートは1300円付近まで上げたところで指値で100株損切り。








始めの頃に比べると損切りも落ち着いて機械的にできるようになってきた気はしています。





◯クリートはVCがそれなりに多く、決算も下期偏重のために、新規性のある事業ではあるものの値上がりも限定的であったため、IPO空白期の物色期待で保有。






◯ロワイドは優待が強く、決算も良かったために窓開けからの調整で下げたのかなということで打診買い。




買い残少なく、売り残も多くたまっており戻り買い+優待買いの上げ希望。



窓埋めするなら追加して、権利付最終日までには売り。



◯トムも上に同じ。






◯カラレーベンはREIT指数への組み入れで月末にかけて上げてくるかなということで手持ちの資金からしてそれなりの量を買い付けて月末付近のどこかで投げ予定。








あと、ウェルズファーゴがTの投資判断を引き下げたみたいですが、建値も現在地も中央地より下で値動きもそんなに激しくない為ホールドしておきます。











現状はだいたいこんな感じです(。・ω・。)




次回書く時までにまた成長を。



ではこれにて(๑˃̵ᴗ˂̵)




y104272b at 23:31|PermalinkComments(0)

2018年07月21日

有効でない投資手法


どうもよはねと申します。


今回は、前回と多少似たものにはなるのですが、失敗というよりはやってみて「これは微妙やなあ」と感じたものをご紹介させていただきます。


配当権利落ち狙い


これは配当が若干高めで尚且つ株価も買いやすい日本株において、配当の権利を得ようとして買いが集まるだろうということで先回りして買い、権利を得た人の売る前に売るという考えのものです。


感想としては…


板が薄い!!!


そもそも注目度が高めじゃないと値が動かないし、かといって我慢して握っていたとして別の要因で下げることもあるので効率はわぁるい.°(ಗдಗ。)°.


そもそも配当の権利落ち狙いで買う人そんないないッ!!



優待権利落ち狙い



これは感覚的には配当のやつよりはマシな気がしますが、、、



板が薄い!!!


なんだろう、たとえ優待の内容が良かったとしても知名度が低ければ買われないらしい(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

かといって時価総額の大きい有名なやつをやったってそんなに値が動かないから微妙やしい…


また、優待クロスなるやり方があり、優待狙いで買ったは良いものの値が下がってしまっては元も子もないということで、空売りを合わせて相殺し優待をタダで得るという(O_O)


つまりは、優待狙いの買いに対して同数の空売りが入るから結局意味ないじゃん!ということですね。


しかも、よくよく考えてみると優待前の安易な買い方を狙って空売りを投下し、焦って投げるのを誘うパターンも考え得る。


結局効率わぁるい!ということで無し。



IR狙い


これはおそらくそんなに悪いとまでは言えなさそうですが、既に企業が○月○日に××をします!という風に適時開示情報で出している場合に、期日付近で買いが集まることを見越して早めに仕込んでおくという考えです。


これに関しては、実際1回しかしてないので判断するには早いかもしれないですが、偶々その情報を発見したという事実から考えると、そうそう連発できるものではないことから有効でないと判断しました。


そもそもそんな

大海の中に落ちた1円玉を探すような努力

をして思惑通りにいかなかった時のショックと機会損失を考えるとこれも無しかなって思いました。


その時の具体的な銘柄は、ジースリーHD(3647)で適時開示情報にて日にちを指定してシブヤ109にファットバーガーの日本第一号店を出すと載っていました。

当時のジースリーの株価としては、底値をつけてからの回復局面にあるような感じだったため(←違ってたらごめんなさい)、今買っておけば期日が近づくに連れ上げて、上手く出店できればさらにブレイクするのではないかという思惑さえありました。

私は125円付近で仕込んで、その後当分ヨコヨコ状態で多少の不安もありましたが期日付近で141円まで上げて、当日は無事出店したもののイベント通過による売りで下げ始めたので135円にて手放しました。


いまでは106円の値をつけており、これは単純に第3四半期の決算が悪かったせいだとは思いますが、その当時から値が上がり辛かったのはこの未来結果も織り込み済だったんじゃないかと考えると、株って奥が深いなあとつくづく思います。


と、ここまでが今までにやってきた事で思い出しながら書いたやつパート2でございました(。・ω・。)


これらのことは、割と始めてすぐの方でも思い付きそうなことではありますが機会損失の観点からあまりオススメできる方法ではありません。


そろそろやってみたけどダメだったネタも尽きてきましたので、次回はIPO関連か自身の過去ネタでも書いていこうと考えております。


日々少しずつではありますが見ていただいている方が増えてきているようでこちらとしても嬉しい限りでございます(*゚▽゚*)

皆さまのお役に立てるようにこれからも頑張りますので今後ともよろしくお願い致します!






y104272b at 22:51|PermalinkComments(0)

成長因子発毛効果