信用

2018年08月01日

心機一転!株を始めてない人にでも解るように今日の成果を報告してみるパート1



この度は趣向を変えて、株を始めていない方でも理解できるように考えながら記事を書いていこうと思います。



というのも…




つい最近、オオヌキさん@ブログ鑑定士見習い様(@O_richmind888)に当ブログをご紹介いただき、その際に貴重なアドバイスを頂戴したことに起因します。




オオヌキさん本当にありがとうございました(*゚▽゚*)




それでは、今日の動きを書いていきます!


まず、今日取り扱った銘柄はロジザード(4391)とバンク・オブ・イノベーション(4393)です。



銘柄というのは商標や取引対象の名前という意味ですね。ですので、会社名と一緒のこともあれば違うこともあります。(例:任天堂→任天堂、ユニクロ→ファーストリテイリング)



銘柄の横の数字は、証券コードといって銘柄検索をするときにその番号を打ち込んでも該当銘柄が出てくるようになっています。






で、今日はロジザードのお話をします!!



IMG_4233



この図は、チャートと呼ばれるものなんですが、初めての方は何がなんやらという感じでしょうか。



青やら赤やら色がついている長方形の部分はローソク足といって、相場の強弱や投資家の心理を表している指標として用いられています。


すごくざっくり言えば、赤い方を陽線と呼び、上に向いての勢いが強い。
反対に、青い方を陰線と呼び、下に向いての勢いが強いといった感じでしょうか。


それに絡まるように付いてる何本かの線が、移動平均線と呼び、動きの激しいものが5分毎とか時間軸の短いもので、緩やかなものが25分毎、75分毎とかですね。(これは数分単位、1日単位、週単位等見る時間軸によって異なります)




短期で売買する人にとっては5分毎などの短い時間軸のものを使い、長期で売買する人にとっては1日や1週間毎のものを基準にする傾向があります。


下の方の出来高と書いてある棒グラフの部分については、その時間の間に取引をされた量の多さを示しています。





現在、私はこの銘柄を少し現物(←口座にある資金内で買うこと)で保有しているのですが、今日の寄り付きで下げたために、信用で少し買って上がった時点で売り、大引前に下げたので指値で100株程買って持ち越しをしました。





寄り付きというのは、株の売買が開始する時点のことを言い、平日の午前9時からとなっています。


信用というのは、信用取引のことで簡単にいえば持っている資金の3倍まで証券会社からお金を借りて株を買うことができる制度です。←審査有り



大引というのは、15時で相場が終了するのでその前ということになります。



現物であれば資金内なので取引回数は限られておりますが、信用は何回でも取引が可能であるため、頻繁に売買を行うのに向いていますね。



ひとまず、現物についてはイベント待ち(←後述)のため売る気はないのですが、それなりに価格の変動がある且つイベントまで上がる期待ができるので下げたら買って信用分は利益確定(←よく利確という)しようという思惑です。


兼業のため、相場を見れる時間というのはその日次第であるゆえ、見なくても上がる銘柄を選んでいるつもりですが、見る時間があるときは上のようなやり方で利益を増やそうと考えます。


今日は初めのほうの2332円で買い→2391円で売り(指値)

大引前に2316円で買い→持ち込し


という流れです。



指値というのは、自分でこの値段で買いたい(売りたい)!と指定して注文を出すことです。


持ち込しとは、相場が終わった時点から次の相場開始時まで同銘柄を保有している状態をいいます。



単純に利益を計算すると、2391-2332=59×100株ですので+5900円となります。


持ってる株数が多ければそれだけ利益も大きくなりますが、その分損失があったときはそれも増すという感じですね。



ちなみに、イベントというのは8月中旬に本決算が予定されており、3Qの時点で進捗率が94.6%のため、本決算までに業績の上方修正があるか本決算においていい数字が出るということで株価上昇のイベントがそろそろあるということで自分の中では買い優勢といったところです。


3Qとかいうのは(quarter)のことで、1Q、2Q、3Q、4Q(本決算)という感じですね。


一応下げたこともあって、信用分を100株ほど明日に持ち越しはしましたが、明日はIPOが2個もあるため資金抜けして下げるようなら買いかなというところでしょうか。


ここにきてですが、IPOというのは(Initial Public Offering)といって新規株式公開のことです。会社が新しく株を公開して、投資家がその会社の株を取引できるようになります。←上場するといいます。


資金抜けとは他の銘柄が物色されるため、そちらに投資家の注目が集まる分資金が移動して、保有銘柄ないし他の銘柄から資金が抜けるということで株価が下落するかも?という思惑です。





はい。ひとまず今日の動きはこんなところでしょうか。



バンク・オブ・イノベーションについては、現物と信用を少し持ってて今日あげたので信用分だけ利確しました。


こちらも決算の上方修正がありそうですが、スマホアプリの会社というところでイマイチ人気がないのでしょうか。笑





ここまで書いてみて、よくよく考えてみると確かに投資を少しやってる人ならある程度はわかるものが、投資を全然したことがない人にとってはさっぱりわからないことが多いだろうなと思いました。



これからは、余力があれば!
できるだけ用語の解説に加えて、その銘柄を保有、物色する理由と放すタイミングについてお話しできればなと思います。



以上、今日はこれにて終了と致します(๑˃̵ᴗ˂̵)








y104272b at 22:10|PermalinkComments(0)

2018年07月20日

損をした具体例



今回は前回の記事に引き続いて、タイトルの通り損した内容について少し詳しく綴っていこうと思います。





うむ。あり過ぎて何から書いていいかわからないのと覚えてる範囲なので全て網羅できるかどうか…






心配事は尽きないですが、そうこうしてても始まらないので思い付いた順で書いていきます。。。


買いやすそうな低位株


手始めとして私の場合は30万円くらいからスタートしたわけではありますが、日本株においては最低単元が100株or1000株ということで少資金であれば良く耳にする有名企業はおろか1000円を越えてくると買えても僅か…

たとえ持ったとしても「全然動かんけえ面白くないぢゃん!」ということになりかねないこともあり、やはり手を出しやすいのは低位株!

私がちょうど始めたころに買っていたのが(なんとなく選んだだけですがw)、JXTGやピクセラや川本産業

たしか某有名サイトで低位株と検索し出てきたものの中から気の赴くままに選んだ気がします(;゚Д゚)


そして…
はっきり内容は記憶してないですが、ピクセラで何かしらIRが出てs高に!

含み益もすごいことに!(←たぶん7万くらい


ただ…


いつ売ればいいの!!


人間とは欲深いものでどこまでも上がると思っちゃうもんなんですねえ☆

そうこうしているうちに含み益が7万→5万へ


売ろうと思ったけど全然売れない!!
値段は変わってるのになんで!!


↑いろいろルールわかってないポンコツですみませんm(._.)m


ようやく寄って結局+3万くらいで利確

わけもわからず、利益を得てしまって
それもそのはず、その後はガタガタ…


適当な低位株に飛びついては動かないからヤメ!を繰り返し手数料だけが嵩んでいく日々(´;ω;`)


急なIR一本釣りとか無理ゲーじゃない?ということで方針転換!!!



ランキングから売買代金上位狙い



今度は打って変わって頻繁に売買されているならその分価格も動くんじゃね!?


という思いからマーケットスピードのランキングで上位の手を出しやすい値段の株へ!!!



まあ単純に考えれば、既に何かしら材料が出て注目されているわけだからJC(ジャンピングキャッチ)したところで勝てるわけないんですけどねッッッ!!!


ということで早々に心が折れかけて多少の空白期間がありましたが、勇気を出して再度参戦!


ツイッターいなご作戦


たしかに読んだ本の中にも、フォロワーが多い人に乗っかって利益を得る方法が書いてあったこともあり、どの人に乗っかるかの選定へ


そしてタイミングの良いことに当時は少額の元手からどの程度期間内に増やせるかを競い合うというイベントがあり…

その中で「1番勝率の良い人に乗っかれば勝てる簡単なゲームやんけ(๑>◡<๑)」

という超絶お花畑思考でしかも、、、

ちょうどされてた方も信用取引全ツッパをしており且つ私も信用取引の審査に通ったばかりで。。。


怖いもの知らずの信用全力乗っかり!!


からの決算跨ぎッ!!


いや〜ほんと知らないと怖い世界ですね((((;゚Д゚)))))))


決算内容は周囲の期待とは裏腹にそんなサプライズもなく


その後狼狽売りの嵐(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

いままでは多少下げても上昇トレンドに乗っていたため待っていれば上げていましたが、トレンド転換をしたこともわからず且つ狼狽売りの知識もない為に


もはやお祈り投資法!


この時は史上最大の被害を受けて、またしても心が折れそうに!
むしろ、バキッって音がしたような…


ツイッター作戦その2


今度は前回の経験とある程度チャートの本も読んだこともあり、「早めに入って多少ビビって早めの利確をすればいいじゃない☆」ということで有名アカウントのツイートを見ながら初動を探ることに…!

ただ、こういう仕手系は上がりも速ければ下がりも速く、しかも基準が全然わかんにゃい(´⊙ω⊙`)


ということで仮想通貨のブームが終わりかけると同時に撤退


情勢+業績+信用残狙い


ここまでくるとある程度他人任せに懲りていろいろと調べるように、、、


この時は民泊関連の人気から
  • 自分が手を出しやすい価格
  • 業績好調
  • 買い残が多過ぎず売り残もそれなりに貯まっている
  • 下降トレンドでない
  • 各証券会社のレーティングも良い

さすがに多角的にみれば勝てるっしょという考えから多少強気に出てはみたがこれも甘く、株価は突如急落

民泊の進捗率が冴えなかった為


そしてまた心が折れそうに…
豆腐メンタルでごめんなさい_(:3」z)_



そしてまた勉強と思考の日々へ



ここでようやく出会ったのがIPOセカンダリーと米国株

これらについては未だ実践中のところではありますが、進捗率は良し!

理論も良し!


あとは複数回に渡って結果を出すだけ!


このように今に辿り着くまでにいろいろあったわけではありますが、退場せずになんとかメンタルを維持しております(>人<;)


負けられない理由があるのもそうですが、投げ出さなければ必ず結果はついてくると信じているから!


この記事を読んで下さった初心者のかたも同じ道を辿らないように、自分と照らし合わせて考えていただけたらと思います。


次回は何を書こうかまだ決めてはないですが、初心者の方が読んでも理解と共感が出来るような記事を今後書けていけたらと思ってますので、これからもよろしくお願い致します!




y104272b at 20:49|PermalinkComments(0)

成長因子発毛効果