2019年02月

2019年02月18日

善意と鈍感が手をつなぐと一種の悪徳になる…

これは、投資においても他のことにおいても言えることですが、


悪意はないはずの善意が、鈍感であるがために悪をなしてしまう…





タイトルにもある通りですが、これについて今日は書いていこうと思います。








簡単に言えば、、、









人付き合いには気をつけろ!!!





ということであります。









というのも、最近いろいろとありまして、人の話を聞く機会が多々あったわけですが、その内容の真偽について疑問に思うことが多かったため、戒めがてら記事を書くことに思い至りました。












特定の分野において、自分で調べるのではなく、知り合いにその分野に詳しい人がいれば、いろいろと教えてもらうというシチュエーションはよくあることかと思われます。








この場合に、知り合いがもちろん善意であることを前提として話を進めますが、その知り合いが持ち得ている知識が偽であるにもかかわらず、真だと信じ込んで話を進めて来ることがあるとします。









こういう時に、その知り合いに対し、損害を被った場合にも気にしないというのであればいいのですが、自分で調べていれば、間違えなかったことやもっと良い方法が見つかるというのは非常に多いということから、誰かから聞いた情報を精査もせずに鵜呑みにするのは大変危険であるということがいえます。











詳しいはずなのに間違いを信じているのか、善のふりをして悪をなしているのか…




私には後者には見えなかったため、このようなタイトルにしているわけですがw














特に、投資や保険などお金が絡んでくることに関しては、よく当てはまることではないかと思われます。












このことから、誰かから情報を得て困りごとを解決するというのは、案外リスクが高く、情報を比較する能力を身につけて、自分で調べるのが効率もよくリスクマネジメントもできるということが窺い知れます。









ましてや、インターネットが全世界に普及している現代において、自分で調べずにおいて、また、誰かから聞いた情報の出どころを辿りもせず誤った選択をしてしまった場合には、ほぼ自己責任であるのではないかというレベルではないかと考えられます。












いくら知り合いといえども付き合いとか関係なく、情報リテラシーを身につけて、騙されないようにしようねってことで^ ^/











今回はこれにて(^ ^)/~~




















y104272b at 18:16|PermalinkComments(0)雑記 | 投資

成長因子発毛効果