仕事の割安度とは!?給与さえ高ければ良いって問題でもない理由!情弱は食われる!?楽して稼ぎたいなら知識をつけて、まずは自分を知れ!

2018年11月26日

ヒエッヒエの相場において選ぶ銘柄とは!?直近IPOにみる下値が限定された強い銘柄をいくつか購入!




今日は久々に個別銘柄を紹介していこうと思います。






銘柄群:

①イーエムネットジャパン
②ディ・アイ・システム
③リーガル不動産
④イボキン


以上になります。








ではまずは、イーエムネットジャパンから!








この銘柄は、私が下落幅を見誤って大敗した銘柄であり、かつ現在においてとても期待している銘柄でもあります。







なぜなら、インターネット広告事業ということで(会社の方針も考慮して)、IoTやAIがこれから台頭したとしてもそれについていき、業績を伸ばすことができる事業形態であること、実際にスマホの普及とともに実績を伸ばしてきたこと、自己資本比率の上昇によって強化された財務基盤のうちから、株主に対して記念配当を出すなど還元の意識が高いこと、時価総額が34億程度でPERも本日時点で26.29と同業種内で比較しても圧倒的に伸びしろがあること等々様々な要因があげられます。












ただ、株式の買い付けに当たっては、元手が多い方なら構わないのですが、1株が3700円とそれなりに高い値嵩株になるので、私みたいに安易な値段設定で買い下がっていくと塩漬けになって資金拘束されることになりかねないので、必ずPFに入れるとしても、比率とどれだけ下がると損切りをするか(極端に下げた場合は、どれだけいい銘柄だと思っていても一旦退いて再度INした方が賢明だという経験則があります)を決めておいて複数銘柄でPFを組み、売買ともに段階的に行っていくことをおすすめします。















次は、ディ・アイ・システムです!







こちらも、これから始まるIoT、AIの時代に業績を伸ばしていける分野の会社であり、今まではアナログな体制で何とかなっていた会社でも(ちなみにうちの会社は未だ全てにおいてアナログですw)、そのままの状態だとこれからの時代に取り残されるようになることから、ワイヤレスLANの導入、ネットワークセキュリティの導入、作業内容の効率化による人員削減を行わないといけないことは明々白々であります。










会社の社長のメッセージにおいても、最近の企業傾向として入れ替わりが激しいことから、環境の変化への対応力が重要であることを認識されており、経常利益率についても20%弱と日本の企業の中では高い利益率を誇っています。利益剰余金においては、こちらも配当を出して株主還元の意欲があることと、PERにおいては、類似企業との比較では同等もしくは若干低めな値を維持してはいますが、時価総額から考えると28億とまだまだ伸びしろは大きいと感じられます。












3つ目のリーガル不動産については、直近IPOにて燻ってはいたものの今回の大阪万博において、大阪に本社を置くこの会社に多少の注目が集まり、もともと割安な水準だったものも相まって株価がこの度上に跳ねたのだと思われます。










この会社については、紹介というよりは、この度の注目と同業他社に比べてのPERの低さ、業績の順調な伸びとその他諸々の観点から、打診で200株ほど買いに入ったところ引けにかけて上に飛んだので、半益してスイング気味の視点で持っておくのもありかなーという感じであります。










最近では、不動産業界において度重なる不祥事が相次いだために、このような不動産における法律に強い会社というのは重要視されやすいことから、ひとまずは継続的な需要が見込まれるものと勘案するのが妥当ではないかと思われます。











最後に、イボキンについてです!









この会社だけ特別直近のIPOというわけではないのですがw







たまたま見かけて気になったのでいろいろ見ていたところ、まず、現在の株価2133円においてPERが18.27と他業種に比べて割安なところもありますが、チャートを日足で見てみると、2番底をつけた形からの陽線のコマを出して上に飛んでいること、週足で見ても2000円弱を下値として連続した陽線をつけて反転の兆しが見られること、本業のリサイクル事業や解体事業においては、高度経済成長期に建設された建物の需要が増加するであろうことから、継続的な需要があるものとはみられますが、ROEについては、8.2%とそんなに利益率は高くないことから、企業としての伸び率はゆるやかに推移するのではないかと思われます。個人的には短中期で見ると買いで入るのも面白いように思われるが、長期で見ると回転資金が潤沢でない人にとっては、わざわざ買い向かわなくてもよいのかなといった印象であります。











ここまで書いてきて、なかなか書ききれてないことも多いような気がしますが、一応上記のような基準で最近は買いに入って段階的に利確や買い増しを行っていることが多いです。ただ、あまり企業の方に肩入れしすぎてしまうと、株価が下がった時に買い向かうのが早くなりすぎてしまって、さらに下げたときに身動きが取れなくなってしまう危険性があるため、その点は特に注意すべきであるかと思います(; ・`д・´)










またこれから日頃の売買銘柄についての私見もはさんでいきますのでよかったら眺めていてくださいw










ではこれにて( *´艸`)










y104272b at 22:26│Comments(0)投資 | 日記

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
仕事の割安度とは!?給与さえ高ければ良いって問題でもない理由!情弱は食われる!?楽して稼ぎたいなら知識をつけて、まずは自分を知れ!

成長因子発毛効果