初めてREIT指数組み入れを狙ってみたがその成果とは?反逆のなぎ TURN 01 『マイナス収支への叛逆』

2018年09月15日

マイナスサムゲームは必ずしも悪か。

IMG_4342



マイナスサムゲームも扱いによっては資金源となる!








そもそも、マイナスサムゲームとは投資に対する期待収支がマイナスになるものをいいます。





ところで、そんなのするくらいなら株とか投信やったほうがいいんじゃないの?と思う方もいるかもしれないですが、今回お話するのは少資金で元手を貯めたい方のための選択肢としてお話をします。








マイナスサムゲームも数種類あるのですが、今回お話するのは私も得意としているパチンコ、スロットについてです。








始めたきっかけとしては、大学時代に友達に誘われたからというごくごく単純かつありふれたものではあったのですが、ちょうど大学3年生になったときに「どうせやるならお金の増えるやり方でやろう!」となって試行錯誤を重ねました。









もともとパチンコの期待収支は約90%程度とよくいわれます。



単純に言えば1000円使うと900円戻ってくる計算ですね。






これは、景品の交換率に左右されるところもあるのですが、基本的には4円パチンコを例にとると1玉→4円ではなく1玉→3.6円(店舗で異なります)のところが多いので、1000円を玉に替えてすぐ交換すると900円分となって戻ってきます。






*実際は900円として戻る場合もあれば800円+お菓子とか500円+お菓子ということもあります。(地域差がありますが少なくとも私のところでは100円or200円刻みが多いです。)








そしてようやく本題に入りますが、じゃあどうやったら勝てるの?という方が多いと思います。






簡単にいえば、自分が打つ台の期待値が+であれば理論上は勝てるということになります。






じゃあどんな台が期待値が+なの?ということについてですが、、、







パチンコは釘!!

スロットは設定!!






ほぼこれだけです。






パチンコは1000円あたりでどれだけ回転(スタートに玉が入るか)するか、スロットは設定の良い台(1〜6のうち6が最高)をどれだけ多く回せるかということに着きます。




細かいことを言えばたくさんありますが、単純にいえばそれだけです。








特にパチンコでいえば、ボーダーラインといって1000円で何回転以上すれば期待値が+というラインがネットで調べれば簡単に出てくるので、それを上回る回転率の台を探してひたすら時間あるだけ打ち続けるという作業ゲーになります。





スロットも高設定の台を見つけて座ることができたらあとはひたすら回すだけの作業ゲーになります。





1日単位でみれば当然負けることもありますが、月単位ないし年単位でみると負ける可能性はほぼゼロに近いです。









どんな台や立ち回りがいいかについてはまたブログのネタが尽きてきたら書くことと致します。笑





ではこれにて(。・ω・。)







y104272b at 14:51│Comments(0)日記 | 投資

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
初めてREIT指数組み入れを狙ってみたがその成果とは?反逆のなぎ TURN 01 『マイナス収支への叛逆』

成長因子発毛効果