2018年08月11日

正しい利益と間違った利益!失敗を重ねるだけで上手くなると思っている方はグラブジャムンより甘い

IMG_4262





グラブジャムンってなに?


と思ったそこのあなた。




これは世界一甘いといわれるインドのお菓子で、小麦粉と砂糖とミルk



--------------------割愛--------------------




言いたいのはこれじゃないんです!泣





本題は、利益にも種類があり、
失敗にも種類があるということです(*・ω・)ノ





じゃあ、その違いってなんなの( ´Д`)y━・~~




それは、価値あるものかどうかということです(`・ω・´)




「失敗をすれば上手くなる」





ありがちなフレーズではありますが、これじゃあ言葉足らずなんです!




本来は…





「失敗をして、その原因を分析し、どうすれば上手くいくかを考え、それを元に次の取り組みをする事を繰り返すから上手くなる」




↑実際こうじゃないですか?






ただ、単純に失敗するだけで上手くなるなんて勘違いお花畑もイイトコじゃないですか?





特に、投資を例とするなら、よくツイッターとかで「この銘柄は絶対上がる」とか「いま買わなきゃいつ買うんだ!」的な内容のものがありますが…




その銘柄を例えばツイートを信頼して買ったからといって、どこで売るんでしょうか。




上がる根拠は?その位置で買った理由は?思惑と違えばどのタイミングで損切りするの?




もし、この方法で株価が下がって損失を確定させた時にあなたは何を得ることができるでしょうか?






思考分岐としては、ツイッター銘柄は危険だ!、乗っかった人を間違えた、何も得られなかった、、、




と、こんなところでしょうか。






まだ、



ツイッター銘柄は危険だ!→自分で考えて選ぼう!




となれば進歩がありますが、他のルートへ進むと時間の無駄感がすごいです…





つまり、いろいろな方法を試すことは悪いことではないのですが、失敗をした際に何を得て、どうすれば成功していたかのルートを探ることが大事ですね(๑˃̵ᴗ˂̵)







それから、利益の種類については





勝ちゃあなんでもええんじゃけえ(´Д` )



ということではなく、



ロジカルな勝ちを目指しましょうねということが言いたいわけであります。





偶々人の銘柄に乗っかり、偶々多めに買い、偶々株価が超上がって爆益(≧∀≦)





みたいなパターン…







「偶々」おおくね!?






ロジカルと呼ぶには程遠いですね!





ちなみに、ロジカルというのは論理的、論理に適っているさまという意味で用いております。








理由こそ命!




とくに、理由なくても保有銘柄が爆上げしたら「私って天才かも?」ってなりません?











若干大げさには言いましたが、なんで上げてるのかわからないほど怖いことはないですね。





乗っかり→爆上げ→有頂天→爆損→退場






目に見えているƪ(˘⌣˘)ʃ





こうならないためにも理由をはっきりさせなきゃですね!!



理由が強ければ強いほど、多ければ多いほど勝ちは色濃くなります。






最近は決算相場で、決算数字がよくても上がらずとか相場が軟調とかいろいろ難しい部分もあるかと思いますが、焦らず理由を持ってがんばりましょ〜(๑>◡<๑)




それでは本日はこれにて(´⊙ω⊙`)









y104272b at 06:21|PermalinkComments(0)投資 | 日記

2018年08月07日

元手を貯める前に使うのはやめよう!大抵の浪費はこれ1枚で説明できる

IMG_4253




仕事終わりのビールが1日の楽しみ




私の職場内においても、このように言われる方はたくさんいらっしゃいます。




皆さまの所はどうでしょうか。





たしかに、疲れた後の嗜好品は通常時よりも身体に染みるものがあるかもしれません。




しかし、その超短時間のために毎日仕事によって得た金額を使うことで、お金が貯まり辛くなり、さらにまた仕事をして貯めなければならなくなる無限ループへと陥るのであります。






これがないとやってられない






そんな悲痛な叫びが聞こえてきそうではありますが、どちみち仕事場に行ってしまえばやらないといけない事はやるだろうし、そもそもそんな心理的な抑圧を受ける仕事内容及び環境であればこれだけ人手不足の社会環境であることから転職を考えた方が良いかもしれませんね。







投資をやってはみたいけど、元手がないと言ってやらない言い訳を作っている方は、日々の嗜好品で使うはずだったであろう金額を少しずつ貯めて投資に充ててみてはどうでしょうか。






1か月単位でみてもビールを1缶100円と仮定すると、×30の3000円で年間にすれば36000円にもなりますね!



タバコにしても1か月で450円×30で13500円になり、1年にすると162000円にもなります( ゚д゚)



両方してれば約20万






1日単位でみればそんなに大きくはない金額のように思えますが、1年単位でみると結構な出費に!






また、日々の中でも自分へのご褒美だと自己暗示をかけて買っているものはいくつあるでしょうか。







本当にその品物を得るほど自分は努力をした、又は利益を出したのか、若しくはそれを得る事でモチベーションを上げようと画策して実際にその成果は出たのかをよくよく検討すべきかと(p_-)






あと、今のところ自分もサラリーマンではありますし、それに対して批判をする気は毛頭ないのですが、せっかく貯めた資金を毎日同じように使って、もう一度それを貯めるために同じことを繰り返すのは果たしてどうなのかと!






人生一度きり+100年時代ということを考えて日々過ごしていきたいものですね(๑>◡<๑)




では本日はこれにて(。・ω・。)




y104272b at 21:10|PermalinkComments(0)日記 | 投資

2018年08月05日

メンタル・思考・モチベーション!お金の消費、投資についてもそうだが時間についてはどうだろうか。


IMG_4190




記事の投稿間隔が空いてしまって申し訳ない(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)





言い訳なんて作ろうと思えば無数に作れるのですが、できなかった理由を考えてどうすればそれを乗り越えられるかを考えるのが大事ですね!




ただ現職において大きな障壁がありまして…








休みが年間84日弱( ゚д゚)





明らかにやべーやつですよね。笑




しかし、これを悲観的に捉えるのではなく何事も前向きに捉えるのがメンタル的にも今後の人生においても、有効ではないかと思っております。






つまりは!




休みが少ない(有効に使える時間が少ない)

←時間を有効に使わなければ、すぐに時が経過してしまう

←時間の使い方が上手くなる!




ものの見方や考え方によって、自分に与える影響も変わってくるので、誰もがそれはヤバいと思うような事であってもその中から良い影響を探る能力を身につけることも重要ですね(๑˃̵ᴗ˂̵)


ピンチこそチャンス!


ということですね。








それから、タイトルにある消費投資ということばについてですが、



消費←一時的な欲求を満たすためにお金や時間を使うこと。


投資←将来に渡って利益を生むために今あるお金や時間を使うこと。




このような意味合いで用いようと思っております。






個人的な主観においては、お金の消費や投資について考える人は多いものの時間の消費や投資について考えている人は少ないように思います。







普段の生活の中で、それらを勘案するとより面白い生活が送れるようになるかもしれません。






例えば、



自動販売機で飲み物を買うとして、家のすぐ側にあるものは150円、500mほど進めば同じ種類のものが100円だとするとどちらが効率が良いかを考えます。




たしかに、値段だけでいえば進んだ先の自動販売機が安いわけですが、500mを往復するので累計1kmの距離に対する労力と時間を考えると家の側の自動販売機の方が割安だといえるのではないでしょうか。






それから、消費の中でも毎日する食事についてですが、皆さまは食べたものの味をその瞬間以外で覚えていますでしょうか。←ちなみに私はあんまり覚えておりません。笑






1日に3食食べるとして1カ月で約30日×3食、1年は12か月なので12×90食だとするとざっと1080食食べている中で覚えているものはいくつあるでしょう。





ということは、食事も一時的な欲求を満たすためのものであって、余剰ができてからであれば良いのですが、それができる前にこの消費科目にお金を投じるのに対して少し疑問を抱きます。





ただ、いわゆる平均寿命の値に近づくにつれて相対的に万が一の事が起きる確率も高まるために、そういう意味では生前中に食べておきたいものを食べることや先が短いから気にせずやるという観点もあるかもしれないですね。





しかし、まだ現役で働くことのできる人々にとってはできるだけ日々の消費を抑えて投資元本に充て、複利と値上がり益の恩恵を最大化させ、余剰ができたものを使うというのが効率的ではないかと考えられます。



ここで、いつからが余剰なの?と疑問に思う方もいらっしゃるかとは存じますが、それは個々人の目標値によって分けるべきだと感じております。






例えば、私であれば残っている奨学金と子どもの養育費の概算分を貯めることができればひと段落ということで多少は自己投資に回してもよいのではないかと考えております。





ただ、今度は老後の生活費用という懸念材料があるのでそれも考えつつといった感じになるかと予想されます。






これ故に、考えておかなければいけない事項が山積していることから、年齢的にも早いうちにお金の使い方や時間の使い方を知っておかなければならないものと理解しております。







ここまで何とかつらつら書いてはきましたが、そろそろまた仕事に戻るようなのでこのあたりで一旦締めさせていただきます。





これまでに、まだ細かいプロフィールを載せてはいなかったのでゆくゆくはそういうのも作れたらいいなとは思っております(*゚▽゚*)





それでは今回はこれにて(。・ω・。)










y104272b at 12:56|PermalinkComments(0)投資 | 日記

成長因子発毛効果