2018年08月21日

2◯歳葬儀屋が思う温度差。※非日常的な表現や人によっては過激かもしれない内容があるので、不謹慎だと思う人や固定観念の強い人は見ちゃダメ!


IMG_4290

「人は死ぬ。毎日死ぬ。」





当たり前のようで当たり前じゃないこと。

そもそも、普通に生活を送っていれば人の死を目の当たりにすることは年に多くて2、3回のもんでしょう。






私は違います。





はい、毎日です。





これも職業として当たり前のことではありますが、自分の休みの日を除いてほぼ毎日死んだ人を見ます。






最初の頃は少し抵抗があったような気がしますが、いまでは特にいつも通りなので何とも思いません。




むしろ、業者の人がいちいちそんなに気を揉んでいたら仕事にならないのでこの方が良いのですが…







悪くいえば、毎日のこと過ぎて作業感が否めない!










ただ、
そこを上手く作業感を出さずに接するのが私達の役割でもあるのです。









この時点で既にお気づきになられた方も多いかとは思いますが、これだけでも温度差がすごい( ゚д゚)









私は常に�人の死なない平和な世界�を願っております。






というのも、、
あまり細かく書き過ぎると特定される恐れがあるのですが、自分の担当が決まらないまま退社時間を迎えるとそのまま帰れるシステムなのですが、その直前に割り振られるとテンションがだだ下がります(´༎ຶོρ༎ຶོ`)





日中貿易摩擦当初の日経平均の如くだだ下がります。。。






故に、その時間が近づいてくると「誰も死なないでくれ!」とよくあるアニメの主人公の如く強く願います。










ところで、皆さまは自分もしくは家系が信仰している宗教を知っていますか?




付き合いのあるお寺はどこか知っていますか?




お経は何の為にあげるのか知っていますか?






正直わからない人が多いですよね。



では葬儀は何の為にするのか?





というと、割とわかる人は多いかと思います。





死者を葬る儀式。



まさに、読んで字の如く。なわけですが、



常識からして葬儀をしたからといって規模やかけた金額の如何を問わず、亡くなった人が戻ってくるわけではありません。





ここで、お金の話になるわけですがそもそも葬儀にお金をかける必要があるのかという疑問に至ります。











結論:映画のおくりびとであったような納棺師による湯灌だけやってあとは最小限!






これが一番効率が良いと思います。









まーた葬儀屋の営業かよ⁉︎と思う方がいるかどうかはさておき、これをしてないと見た目がどう見ても死人という感じになります(^◇^;)







対して、湯灌さえしておけば正に寝ているのかわからないぐらいにはなります。









あとは、、、







料理は割高だし、花も外注の方が安いし、その他オプションにしてもそれを頼んだから安らかに逝けるかといえば微妙だし…






投下した資本に対しての自己の利益率を考えたとしても割には合わないかと!








そもそも、こんな事を考えている時点で葬儀屋には向いてないんでしょうね。笑








まあ、死んだら終いということです!





死後の世界については、いろいろ説があるみたいですが現時点においては検証する術もなく、確たる証拠もない為に今あるものに全力を尽くした方が良さそうです(。・ω・。)






特に、スティーブ・ジョブズの「もし今日が最後の日だとしても、今からやろうとしていたことをするだろうかと自分に問いかけたとき、『しない』という答えが何日も続くようなら、ちょっと生き方を見直せということです」という言葉を目にして、日々の生活を改めようと思い直しました。





皆さまも日々精進しましょう!





以上、今回は一風変わった葬儀屋視点のお話でした。















y104272b at 21:37|PermalinkComments(0)日記 

2018年08月16日

お金がなくても幸せになれる⁉︎ たしかにお金だけが幸せの要件ではないが、人生の8割はお金だと言える

IMG_4246


「資本主義社会なのだから、お金こそが正義である」


と言っても過言ではない。




よく、お金がなくても幸せにはなれるというが、お金がなくても幸せになれる人であるなら、お金があればもっと幸せになるはずだろうという疑問を抱く。




基本的には、資本主義社会はお金で成り立っている。



生活するにも、娯楽に興じるにも、子供を育てるにも全てお金が必要なのだ!




たしかに、その中でお金ではない部分があるとすれば、愛情や思い出などいろいろ挙げることはできるがその前提としてやはりお金が必要だ。





そのお金を稼ぐために仕事をしている人が大半であろうかとは思うが、実際にお金のためだけに働いているかと問うたら違うと答えるひとも身の回りにはあんがいるものだ。





しかし、もし給料が生活ギリギリの範囲でしか支給されない、もしくは生活の保証はしてやる代わりに給料は出さないという場合だとするとどれだけの人がいまの仕事を続けるだろうか?





金のためだけに働いているのだとしたら上記のような状況であれば、間違いなく仕事を辞めるという選択をするだろう。





現職においては、私よりも高齢な方が圧倒的に多い現状において、いろいろ話をしてはみるが、基本的に保守的で年齢を理由に職を転じたり、資産運用をしたりということには至らない人が大半を占める。





資本主義なのになぜか金を得ようと努力する人が少ない!




これについては、正直理解が出来ない部分が多い。




特に、なぜか労働を対価として得た給与によって宝くじを買う人は多く、資産運用に回す人は少ない。






宝くじを買う人には理由を聞いてみるが、「夢を買うから別にええんじゃ」と答える人が多い。





期待値でいえば、宝くじは買値の半値しかないため、買った分だけその半分の金額を損失する計算になる。






つまり、労働で得た金を無駄に使うために労働するという無限ループ!!





貧民は貧民であるが故に貧民であるということがよくわかりますね!





私も未だ、富豪にはなれておりませんが必ずや…ッ!



では本日はこれにて(´⊙ω⊙`)




y104272b at 23:11|PermalinkComments(0)投資 | 日記

2018年08月15日

考えただけでやった気になる意味ない現象。これからは同じような日を作らないようにする心がけを…


IMG_4274



皆さまは、同じような日を毎日過ごしてないでしょうか?




たしかに、全く同じ1日というのは存在しないのですが、見方を変えれば同じような日というのは腐るほどあります。





結論:同じような日は全て無駄






常に1日のうちどこかのタイミングで、昨日の自分はどうであったか、今日の自分はどうであるか、明日の自分はどうでありたいかを考えるべきですね(๑˃̵ᴗ˂̵)







それをするためには、個人的には知識を入れて出すことが大事だと思っています。


特に、知識は複利の構造で増えていくものですから日々の研鑽が大事です!


そして、それをいかに定着させるかが重要となってきます。






ところで、エビングハウスの忘却曲線というものはご存知ですか?



IMG_4276




これはよく、記憶の定着率の割合だと誤解されているみたいですが実際は記憶の節約率を表すものだそうです。




グラフは時間(横軸)が経過したのち、同じ内容のものを覚えるのにかかる手間の節約率(縦軸)を表しています。




この指標もある程度効率よくモノを記憶するのに有効ではないかと思います。




知識を入れて、出すことによって覚える。
よく覚えてなければ、出せないし出せなければ、反復してまた覚え直す。

曲線を引用すれば、できるだけ時間が経ってない状態でその作業を行うのが良さそうです^ ^




特に、ブログや自筆のノート(PCがあれば尚良し)に書き出しておけば記録としても残りまた見て反復できるのでさらに効果は上がります。




常に、昨日の自分を超えるためには知識をためて出し続けることが大事だということですね(*^^*)



考えただけでやった気になるのではなく、実際に書き出したり情報として発信するべく日々精進!!




では今回はこれにて(´⊙ω⊙`)








y104272b at 11:33|PermalinkComments(0)日記 

成長因子発毛効果