2018年08月07日

元手を貯める前に使うのはやめよう!大抵の浪費はこれ1枚で説明できる

IMG_4253


どうもよはねと申します。



仕事終わりのビールが1日の楽しみ




私の職場内においても、このように言われる方はたくさんいらっしゃいます。




皆さまの所はどうでしょうか。





たしかに、疲れた後の嗜好品は通常時よりも身体に染みるものがあるかもしれません。




しかし、その超短時間のために毎日仕事によって得た金額を使うことで、お金が貯まり辛くなり、さらにまた仕事をして貯めなければならなくなる無限ループへと陥るのであります。






これがないとやってられない






そんな悲痛な叫びが聞こえてきそうではありますが、どちみち仕事場に行ってしまえばやらないといけない事はやるだろうし、そもそもそんな心理的な抑圧を受ける仕事内容及び環境であればこれだけ人手不足の社会環境であることから転職を考えた方が良いかもしれませんね。







投資をやってはみたいけど、元手がないと言ってやらない言い訳を作っている方は、日々の嗜好品で使うはずだったであろう金額を少しずつ貯めて投資に充ててみてはどうでしょうか。






1か月単位でみてもビールを1缶100円と仮定すると、×30の3000円で年間にすれば36000円にもなりますね!



タバコにしても1か月で450円×30で13500円になり、1年にすると162000円にもなります( ゚д゚)



両方してれば約20万






1日単位でみればそんなに大きくはない金額のように思えますが、1年単位でみると結構な出費に!






また、日々の中でも自分へのご褒美だと自己暗示をかけて買っているものはいくつあるでしょうか。







本当にその品物を得るほど自分は努力をした、又は利益を出したのか、若しくはそれを得る事でモチベーションを上げようと画策して実際にその成果は出たのかをよくよく検討すべきかと(p_-)






あと、今のところ自分もサラリーマンではありますし、それに対して批判をする気は毛頭ないのですが、せっかく貯めた資金を毎日同じように使って、もう一度それを貯めるために同じことを繰り返すのは果たしてどうなのかと!






人生一度きり+100年時代ということを考えて日々過ごしていきたいものですね(๑>◡<๑)




では本日はこれにて(。・ω・。)




y104272b at 21:10|PermalinkComments(0)日記 | 投資

2018年08月05日

メンタル・思考・モチベーション!お金の消費、投資についてもそうだが時間についてはどうだろうか。


IMG_4190


どうもよはねと申します。



記事の投稿間隔が空いてしまって申し訳ない(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)





言い訳なんて作ろうと思えば無数に作れるのですが、できなかった理由を考えてどうすればそれを乗り越えられるかを考えるのが大事ですね!




ただ現職において大きな障壁がありまして…








休みが年間84日弱( ゚д゚)





明らかにやべーやつですよね。笑




しかし、これを悲観的に捉えるのではなく何事も前向きに捉えるのがメンタル的にも今後の人生においても、有効ではないかと思っております。






つまりは!




休みが少ない(有効に使える時間が少ない)

←時間を有効に使わなければ、すぐに時が経過してしまう

←時間の使い方が上手くなる!




ものの見方や考え方によって、自分に与える影響も変わってくるので、誰もがそれはヤバいと思うような事であってもその中から良い影響を探る能力を身につけることも重要ですね(๑˃̵ᴗ˂̵)


ピンチこそチャンス!


ということですね。








それから、タイトルにある消費投資ということばについてですが、



消費←一時的な欲求を満たすためにお金や時間を使うこと。


投資←将来に渡って利益を生むために今あるお金や時間を使うこと。




このような意味合いで用いようと思っております。






個人的な主観においては、お金の消費や投資について考える人は多いものの時間の消費や投資について考えている人は少ないように思います。







普段の生活の中で、それらを勘案するとより面白い生活が送れるようになるかもしれません。






例えば、



自動販売機で飲み物を買うとして、家のすぐ側にあるものは150円、500mほど進めば同じ種類のものが100円だとするとどちらが効率が良いかを考えます。




たしかに、値段だけでいえば進んだ先の自動販売機が安いわけですが、500mを往復するので累計1kmの距離に対する労力と時間を考えると家の側の自動販売機の方が割安だといえるのではないでしょうか。






それから、消費の中でも毎日する食事についてですが、皆さまは食べたものの味をその瞬間以外で覚えていますでしょうか。←ちなみに私はあんまり覚えておりません。笑






1日に3食食べるとして1カ月で約30日×3食、1年は12か月なので12×90食だとするとざっと1080食食べている中で覚えているものはいくつあるでしょう。





ということは、食事も一時的な欲求を満たすためのものであって、余剰ができてからであれば良いのですが、それができる前にこの消費科目にお金を投じるのに対して少し疑問を抱きます。





ただ、いわゆる平均寿命の値に近づくにつれて相対的に万が一の事が起きる確率も高まるために、そういう意味では生前中に食べておきたいものを食べることや先が短いから気にせずやるという観点もあるかもしれないですね。





しかし、まだ現役で働くことのできる人々にとってはできるだけ日々の消費を抑えて投資元本に充て、複利と値上がり益の恩恵を最大化させ、余剰ができたものを使うというのが効率的ではないかと考えられます。



ここで、いつからが余剰なの?と疑問に思う方もいらっしゃるかとは存じますが、それは個々人の目標値によって分けるべきだと感じております。






例えば、私であれば残っている奨学金と子どもの養育費の概算分を貯めることができればひと段落ということで多少は自己投資に回してもよいのではないかと考えております。





ただ、今度は老後の生活費用という懸念材料があるのでそれも考えつつといった感じになるかと予想されます。






これ故に、考えておかなければいけない事項が山積していることから、年齢的にも早いうちにお金の使い方や時間の使い方を知っておかなければならないものと理解しております。







ここまで何とかつらつら書いてはきましたが、そろそろまた仕事に戻るようなのでこのあたりで一旦締めさせていただきます。





これまでに、まだ細かいプロフィールを載せてはいなかったのでゆくゆくはそういうのも作れたらいいなとは思っております(*゚▽゚*)





それでは今回はこれにて(。・ω・。)










y104272b at 12:56|PermalinkComments(0)投資 | 日記

2018年08月01日

心機一転!株を始めてない人にでも解るように今日の成果を報告してみるパート1


どうもよはねと申します。



この度は趣向を変えて、株を始めていない方でも理解できるように考えながら記事を書いていこうと思います。



というのも…




つい最近、オオヌキさん@ブログ鑑定士見習い様(@O_richmind888)に当ブログをご紹介いただき、その際に貴重なアドバイスを頂戴したことに起因します。




オオヌキさん本当にありがとうございました(*゚▽゚*)




それでは、今日の動きを書いていきます!


まず、今日取り扱った銘柄はロジザード(4391)とバンク・オブ・イノベーション(4393)です。



銘柄というのは商標や取引対象の名前という意味ですね。ですので、会社名と一緒のこともあれば違うこともあります。(例:任天堂→任天堂、ユニクロ→ファーストリテイリング)



銘柄の横の数字は、証券コードといって銘柄検索をするときにその番号を打ち込んでも該当銘柄が出てくるようになっています。






で、今日はロジザードのお話をします!!



IMG_4233



この図は、チャートと呼ばれるものなんですが、初めての方は何がなんやらという感じでしょうか。



青やら赤やら色がついている長方形の部分はローソク足といって、相場の強弱や投資家の心理を表している指標として用いられています。


すごくざっくり言えば、赤い方を陽線と呼び、上に向いての勢いが強い。
反対に、青い方を陰線と呼び、下に向いての勢いが強いといった感じでしょうか。


それに絡まるように付いてる何本かの線が、移動平均線と呼び、動きの激しいものが5分毎とか時間軸の短いもので、緩やかなものが25分毎、75分毎とかですね。(これは数分単位、1日単位、週単位等見る時間軸によって異なります)




短期で売買する人にとっては5分毎などの短い時間軸のものを使い、長期で売買する人にとっては1日や1週間毎のものを基準にする傾向があります。


下の方の出来高と書いてある棒グラフの部分については、その時間の間に取引をされた量の多さを示しています。





現在、私はこの銘柄を少し現物(←口座にある資金内で買うこと)で保有しているのですが、今日の寄り付きで下げたために、信用で少し買って上がった時点で売り、大引前に下げたので指値で100株程買って持ち越しをしました。





寄り付きというのは、株の売買が開始する時点のことを言い、平日の午前9時からとなっています。


信用というのは、信用取引のことで簡単にいえば持っている資金の3倍まで証券会社からお金を借りて株を買うことができる制度です。←審査有り



大引というのは、15時で相場が終了するのでその前ということになります。



現物であれば資金内なので取引回数は限られておりますが、信用は何回でも取引が可能であるため、頻繁に売買を行うのに向いていますね。



ひとまず、現物についてはイベント待ち(←後述)のため売る気はないのですが、それなりに価格の変動がある且つイベントまで上がる期待ができるので下げたら買って信用分は利益確定(←よく利確という)しようという思惑です。


兼業のため、相場を見れる時間というのはその日次第であるゆえ、見なくても上がる銘柄を選んでいるつもりですが、見る時間があるときは上のようなやり方で利益を増やそうと考えます。


今日は初めのほうの2332円で買い→2391円で売り(指値)

大引前に2316円で買い→持ち込し


という流れです。



指値というのは、自分でこの値段で買いたい(売りたい)!と指定して注文を出すことです。


持ち込しとは、相場が終わった時点から次の相場開始時まで同銘柄を保有している状態をいいます。



単純に利益を計算すると、2391-2332=59×100株ですので+5900円となります。


持ってる株数が多ければそれだけ利益も大きくなりますが、その分損失があったときはそれも増すという感じですね。



ちなみに、イベントというのは8月中旬に本決算が予定されており、3Qの時点で進捗率が94.6%のため、本決算までに業績の上方修正があるか本決算においていい数字が出るということで株価上昇のイベントがそろそろあるということで自分の中では買い優勢といったところです。


3Qとかいうのは(quarter)のことで、1Q、2Q、3Q、4Q(本決算)という感じですね。


一応下げたこともあって、信用分を100株ほど明日に持ち越しはしましたが、明日はIPOが2個もあるため資金抜けして下げるようなら買いかなというところでしょうか。


ここにきてですが、IPOというのは(Initial Public Offering)といって新規株式公開のことです。会社が新しく株を公開して、投資家がその会社の株を取引できるようになります。←上場するといいます。


資金抜けとは他の銘柄が物色されるため、そちらに投資家の注目が集まる分資金が移動して、保有銘柄ないし他の銘柄から資金が抜けるということで株価が下落するかも?という思惑です。





はい。ひとまず今日の動きはこんなところでしょうか。



バンク・オブ・イノベーションについては、現物と信用を少し持ってて今日あげたので信用分だけ利確しました。


こちらも決算の上方修正がありそうですが、スマホアプリの会社というところでイマイチ人気がないのでしょうか。笑





ここまで書いてみて、よくよく考えてみると確かに投資を少しやってる人ならある程度はわかるものが、投資を全然したことがない人にとってはさっぱりわからないことが多いだろうなと思いました。



これからは、余力があれば!
できるだけ用語の解説に加えて、その銘柄を保有、物色する理由と放すタイミングについてお話しできればなと思います。



以上、今日はこれにて終了と致します(๑˃̵ᴗ˂̵)








y104272b at 22:10|PermalinkComments(0)投資 | 日記

成長因子発毛効果