2018年12月07日

Webページの作成に意欲!今日から試行錯誤しながら前進…




日々、将来働かないためにはどうしたらいいかをを考えて、試行錯誤しております(;´Д`)








今日は、権利収入について調べてみていましたが、その中でもwebページの政策やアフィリエイト関連にについて興味を持ちました。









その分野自体については、今更感がないこともないですが、自分自身の性格や得意分野だったり、今後の継続的な収益に対する期待を考えると、試行錯誤の価値は十分にあると判断しました。














そもそも、現時点においてPCの知識やスキルは皆無!(; ・`д・´)








ですが、これからさらに伸びていく分野であることから、これらの知識を深めることは有意義であり、時間を割いていろいろ覚えることによって収益機会が増加するのなら、文句なしです!!












ひとまず、今日みた感じでは、wordpressを使うのがよいのではないかという印象を受けました。










完全な思い込みで、全て有料だと思っていましたが、無料ver.もあるということでそちらを触りつつ、雰囲気を確かめながら、探っていこうと思います。











おそらく、有料版の方がカスタマイズができて、使い勝手もよく、収益を得るにも有利な点が多いであろうことは容易に予測ができますが、仕事が繁忙期でなかなか時間が割けないために、転職猶予期間に入るまでは、自粛しておこうと思った次第であります。












使ってみた感触については、おいおい時間があれば&忘れなければ、記事にしようと思います。笑










記事の内容は、ひとまず自分の中で理論と経験によって自身のある、パチンコパチスロの分野を解説していくのがいいのかなあとおぼろげながら思っていますが、いろいろ調べていくにつれ、別の方法がよければそちらを採用しようと考えております。











今日は、特別内容の濃いものはなかったですが、このあたりで失礼しようと思います|д゚)












では、今後の進展に期待して本日はこれにて(/・ω・)/


y104272b at 23:30|PermalinkComments(0)

2018年12月05日

”付き合い”は無意味!?お中元、お歳暮にみる日本人の傾向とは!



そもそも、日本における慣習について、意義を理解して行っている人はどの程度いるのだろうか?




と、素朴な疑問を抱きました(._.)








今回は、慣習の中でも例として、お中元とお歳暮を取り上げることとします。











これらは、それぞれ出す期間において、東日本と西日本でも少し差があるようです。






お中元は、前者が7月上旬~15日、後者が7月中旬~8月15日が一般的だそうです。





お歳暮は、前者が11月下旬~12月20日、後者が12月13日~12月20日だそうです。









お中元は、日ごろの感謝を込めてという意味があり、仏教をもとにして習わしとなった経緯があると言われています。







お歳暮は、1年の締めくくりのお礼として、商習慣を原型としたものだと言われています。











これらを知っていたからどうということはないのですが、知らないのにやっている方々は、何を動機としてやっているかということに焦点をあててみます。












つまり、みんながやっているから一応やっておこう!

やらないと非常識だと思われるから、とりあえずやっておこう!







このくらいの感覚だと推察されます。












この仮定が正しいとするならば、本来の意味から外れて、自分のためにやっているにも関わらず、あたかも相手のためにしてあげているかのような、打算的な印象を持ってしまいます。













特に、日本人の傾向として、見栄を張ってでも体裁を取り繕い、世間体を気にして生きている(あくまでも私見ですw)ように見受けられるため、慇懃無礼とはこのことではないかとさえ思えてしまいます。













ここで、実際にモノをやり取りする場面を想像してみると、まず、商品を選ぶまでに時間とお金を使い、業者の取り分を含めた価格の商品+送料をかけて相手の手元に届きます。それから、相手からも同じような経路を辿って商品が届くとすれば、お互い割高なモノを買って送りあっている構図が成り立ちます。












そうすると、時間とお金と手間がかかる割には、それを消費しただけのリターンが得られるかと言えばそうではないような気がします。












そもそも、横の繋がりが希薄化してきた時代の流れもありますが、その人とつながること自体にメリットがあるとすれば、このやり取りは必要なのかなと懐疑的な立場であります。














ところで、”親しき中にも礼儀あり”という言葉は広く知られていますが、前述のとおり、礼儀も上辺だけであろうが為に、気持ちがこもっていないとすれば、やらない方がマシだといえます。



それに加えて、送られてきた相手も気を使わなければいけないことから、労力の効率的な観点からいえば、足の引っ張り合いであることが解ります。












これらのことから、何かをするにしても意義を持ち、メリット・デメリットを把握して行うことが重要であることが窺い知れます。




また、足を引っ張りあうような人間関係ではなく、お互いにとってマイナスな作用がない関係性の構築をするのが、必要であると強く思います。











では本日はこれにて(/・ω・)/


y104272b at 00:17|PermalinkComments(0)雑記 | 日記

2018年12月03日

転職すらもゲームになりうる!?時間という資本こそが金を生む!

転職は再々するものではないが、するとしたら何を基準にするか?








これについて、ぱっと思い浮かぶことはあるでしょうか。。。













ところで、皆様は学生時代に、宿題や予習は楽しかったですか?










基本的に、この問いへの答えはNOだと思います。(違ってたらすみませんw







これに関しては、興味がないことに時間を割かされているという感覚があるからではないかと思われます。






だとすれば、仕事は??










おそらく、一緒ですよね!w









しかし、これが興味のあることであれば、今度はどうでしょうか。








だれもが経験したことがある通り、興味のあることや好きなことをしているときは、時間が経つのを忘れているものであります。











ならば、それを仕事にすればよいのではないのでしょうか(。-`ω-)









これが、安易な発想であるとするならば、そこには前提条件が不足しているからに他ならないからであると思います。









そもそも、そんなのあるはずないと思う方は、そうなってほしくないと思う嫉妬的な側面と、自分ができていないから相手にも出来るはずないという固定観念の押し付けに違いありません。










興味のあることをやるにしても、それが私たちの生きている資本主義という社会からかけ離れているものであるならば、たしかにその傾向は危ういものかもしれません。











しかし、資本主義を前提としたものに興味を持ち、知識を増やすことによって、人生を効率的に、また、有用に過ごすことができるという仮定のもと、むしろ今の職がこの条件に当てはまらないならば、転職をした方がいいとすら言えるように思えます。












ただ、これだけでは条件は不十分ではないかと考えます。












「下手の横好き」ということばもあるように、熱心に時間を使ったところで、成果の上がらないものや伸びしろの小さいものをやったところで、効率が悪いだけでそんなものは趣味の範囲でやるべきものだと捉えます。










つまり、自分に向いていることというのが、非常に重要であると考えます。









興味あり、人生で有用、向いているがそろったことが最強(; ・`д・´)









これが、ひとまず今の私の転職に対する結論であります。









ただ、真に向いていることを判断するためには、詳細な自己分析が不可欠であると推測します。






自分はどんな人かという主観と、普段の会話等から人に言われることや諸々の情報から総合的に判断し、得たものに加えて、自分はどうあるべきかという要素も考慮したうえで、自己分析を進めていくのがよいのではないかと考え、実践に移します。











また、ドラッカーの言葉にもあったことですが、”いまさら自らを変えようとしてもうまくいくわけがない”というものがあることから、自分を変えるのに時間、労力、精神力を使うくらいなら、自分の強みを生かすことに全力を注いだ方が、どれほど効率的だろうかと思うわけであります。












ひとまずは、いろいろと情報を得ることと、自分の強みは何かということの精査、今後の社会の方向性なども考えて、ある程度は慎重に計画を練っていこうと思いますので、進捗があったらまた、この内容も随時更新していきます(*'▽')








では本日はこのへんで(/・ω・)/




y104272b at 21:58|PermalinkComments(2)投資 | 日記

成長因子発毛効果